令和3年3月1日午前9時から
受診・相談センター
(コールセンター)の
電話番号が変わりました
(令和3年2月20日付けFAX連絡にて)
022-398-9211」に変更されました

コールセンターの電話番号が変わります
令和3年3月1日午前9時から受診・相談センター
(コールセンター)の電話番号が変わります(2月20日付けFAX連絡にて)
「022-398-9211」
pdf書類(60KB)







「発熱等の症状のある方はまずは電話相談」202011.05~
(令和3年3月1日からは、022-398-9211)

「発熱等の症状のある方はまずは電話相談」202011.05~

当院は、今のところ(2020.11.10現在)手上げしてなく、
検査ができないので、「診療・検査医療機関」では
ありません



「医療機関・当院用」2020.11.05~
当院の実情に合わせて改変してます。


発熱患者さまが当院を受診する場合の流れ 2020.11.05~pdf書類(224KB)

医療機関用 2020.11.05~


参考:「発熱患者等が医療機関を受診する場合の流れ:医療機関用」2020.11.05pdf書類(776KB)
参考:「発熱患者等が医療機関を受診する場合の流れ:医療機関用」2020.11.05



「診療・検査医療機関」は公開されておりませんので、当院から
「診療・検査医療機関」への
紹介はできません
なので 「診療・検査医療機関」への紹介

「受診・相談センター(コールセンター)」に
直接相談して下さい。
(令和3年3月1日午前9時からは、022-398-9211)

コールセンターからは「
心配ないから、一般の医療機関を受診して下さい」とよく言われるそうです。
発熱者は「診療・検査医療機関」を受診するのが原則なので、当院に来られても診れません。

コールセンターの係りの方の姓名を患者さんが聞いても、絶対教えてくれないそうです。若い女性の声だが、医師・看護師・保健師かも答えてくれないそうです。後に医療機関を受診して、万一新型コロナウイルス感染症と判明した場合に、姓名を名のると、責任問題となるからかも知れませんね。なんの医療資格もない、おそらく派遣の女性に、そんな勝手な診断を言わしているんでしょかねえ。かかってきた電話は全て録音しているようだと、問い合わせた患者さんが言っていました。

なにしろ、行政は面倒くさい手間をかけたくないので、行政以外(派遣会社)に丸投げしているように感じられます。コロナ渦で、行政は繁忙を極めているので、致し方ないことかも知れませんね。







新型コロナウイルス感染症にご注意ください 最新改訂版」 2020.05.18pdf書類(296KB)
新型コロナウイルス感染症にご注意ください 2020.05.18
2020年5月18日の改訂版です。(わざわざ無断修正禁止とは笑えますね。)。
(令和3年3月1日午前9時からは、022-398-9211)




みんなで安心マークpdf書類(321KB)
「みんなで安心マーク」
3239番です。PDFで裏面も見て下さい。



△このページの先頭へ






宮城県の新型コロナウイルス感染症対策サイト=2021年3月7日→8日更新版)(外部リンク)
(2020年3月5日の仙南保健所よりのFAX情報より引用


厚生労働省の新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)=2021年2月6日→3月2日時点版(外部リンク)


厚生労働省の新型コロナウイルスに関するQ&A(医療機関・検査機関の方向け)=2021年1月5日→12日時点版(外部リンク)


厚生労働省の新型コロナウイルス感染症について=2021年3月7日→8日更新版(外部リンク)
(2020年3月5日の仙南保健所よりのFAX情報より引用)


新型コロナウイルス感染症 都道府県医師会宛て通知(日本医師会)=2021年3月5日→8日通知分(外部リンク)


経済産業省の新型コロナウイルス感染症関連(METI/経済産業省)の支援策=2021年2月24日→3月1日時点版外部リンク)

日本環境感染学会のホームページ=2020年12月23日→2021年2月19日新着版)
(外部リンク)


NID国立感染症研究所の新型コロナウイルス(COVID-19)関連情報について=2021年3月5日→6日更新版(外部リンク)


宮城県医療政策課ホームページ(医療機関向け、厚生労働省からの通知を掲載)(2021年3月1日→3月5日更新版)(外部リンク)
(2020年3月5日の仙南保健所よりのFAX情報より引用)


内閣府=大本営発表の最新情報=2021年3月2日→5日分
(私がアベ・シンゾーの犬も嫌いなので:あくまでも私個人の感想です。2020/09/14からリンク貼っていなかったが、2021年2月8日からリンク貼りました。)


「NHK」
(大本営発表)(NHK総合の画面に、常時QRコードがのっているので)への、リンクはありません


白石市の新型コロナウイルス感染症 感染症対策・経済対策について=2021年1月21日→3月8日更新版)(外部リンク)


宮城県医師会 県民の皆様へのお知らせ (12月16日→25日更新版)(外部リンク)



△このページの先頭へ






→2020/05/08より宮城県医師会員のIDとパスワードを入れないと「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策本部ニュース」が閲覧できなくなったので、参考までに残して掲載しときます。
宮城県医師会ホームページ掲載「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策本部ニュース」欄のID・パスワードについて 2020.05.08pdf書類(26KB)

宮城県医師会員限定版とは言っても、宮城県民に知られては困るような内容以外は私の判断で(あくまでも私個人の感想です)、本ホームページに資料を掲載して参ります。

宮城県医師会より部外に漏れては困るというクレームが来れば、直ちに削除いたす所存です。


宮城県医師会新型コロナウイルス感染症対策本部ニュース(宮城県医師会員限定版)No34:2020年12月28日掲載版」((外部リンク)http://www.miyagi.med.or.jp/coronavirus/


「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き・第 4 版」の周知について 2020.12.11pdf書類(4.12MB)
「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き・第 4 版」の周知について 2020.12.11


1.12月16日(日)午後4時15分から宮城県庁にて「宮城県、仙台市、宮城県医師会、仙台市医師会 共同記者会見」が行われた。村井嘉浩宮城県知事、郡和子仙台市長、佐藤和宏宮城県医師会長、安藤健二郎仙台市医師会長の4者で記者会見を行った。「宮城県新型コロナ危機宣言」を発出し、命と暮らしを守るためには、一人ひとりが年末年始を静かに過ごすことが必要であること等を県民に向けて発信した(宮城県新型コロナ危機宣言PDFファイル添付)。

宮城県・仙台市・宮城県医師会・仙台市医師会・宮城県新型コロナ危機宣言 2020.12.16pdf書類(352KB)
宮城県・仙台市・宮城県医師会・仙台市医師会?宮城県新型コロナ危機宣言 2020.12.16


2.12月23日(水)午前10時から宮城県庁で開催された第17回宮城県新型コロナウイルス感染症対策本部会議並びに第14回宮城県危機管理対策本部会議に本会より佐藤会長が出席した。患者発生状況等について、感染拡大防止に向けた営業時間の短縮の協力要請について、県民等への周知について等についてであった(資料等PDFファイル添付)。

第17回宮城県新型コロナウイルス感染症対策本部会議・第14回宮城県危機管理対策本部会議 2020.12.23pdf書類(11.4MB)
第17回宮城県新型コロナウイルス感染症対策本部会議・第14回宮城県危機管理対策本部会議 2020.12.23


3.宮城県保健福祉部疾病・感染症対策室より、病院・介護施設等で感染者等が発生した場合のフローが示されたので、参考にしていただきたい(フロー図PDFファイル添付)。

先生方におかれましては、院内感染が起こるのではないかという、不安感の中で日夜診療をされておられると思います。そのようなことがあってはならないのですが、この状況ではいくら注意を払っていても起こる可能性は否定できません。12月9日には知事から、補償について表明がありました。今回のスキームは、今までは管轄の保健所主体であったフロー図に、緑の枠で示した施策を入れることにより、より広範な支援策としたつもりです。実際の当事者は、心理的にもパニックに陥ると思います。保健所と医療政策課、両方からの支援を受けて、その指示に従うことにより、少しでも心労その他が軽減されればと思っております。処方箋の発行についての記載もございます。なお、不明な点があれば、宮城県保健福祉部医療政策課または宮城県医師会総務課にお問い合わせください。以上ご連絡致します。(文責:佐藤和宏)

フロー図 2020.12.28pdf書類(177KB)
フロー図 2020.12.28


4.宮城県では、県内において新型コロナウイルス感染症患者の診療等に直接携わる医療従事者への支援を目的に、県の受付窓口に寄せられた「新型コロナウイルス感染症対策寄附金」等を財源として、「帰国者・接触者外来」、「診療・検査医療機関」、「地域外来・検査センター」等に対し支援金を交付している。支給対象は、新型コロナウイルス感染症が疑われる方に直接接して検体採取や診療を行った医師、看護師等となり、検体採取を行った日のみ支給対象となる。支給対象期間は、診療・検査医療機関等の指定を受けた以降に、新型コロナウイルス感染症が疑われる方の検体採取等を行った場合が対象となる。下記URLの宮城県HPから、申込方法の確認、申請様式のダウンロードを行えるので、ご確認いただきたい(事業概要PDFファイル添付)。
www.pref.miyagi.jp/soshiki/iryou/jyujisyasienkin.html

医療従事者支援事業概要 2020.12.28pdf書類(721KB)
医療従事者支援事業概要 2020.12.28

医療従事者支援金は、診療・検査医療機関を設置している医療機関(当院は宮城県指定の診療・検査医療機関を設置していないので)でないと、頂けないようです。
金で釣って診療・検査医療機関を増やしたいらしいです。デメリットしかないが、当院も一時は診療・検査医療機関に手上げを企てていたのですが、当院職員の拒否に合って、手上げを断念せざるを得ませんでした。医療倫理上は手上げしたかったのに、残念です。一見か弱い院長の統率力では、感情的なスタッフ(新型コロナウイルス感染症に恐怖心がある)を押さえることができませんでした。


△このページの先頭へ




宮城県医師会新型コロナウイルス感染症対策本部ニュース(宮城県医師会員限定版)No35:2021年1月18日掲載版」


1.令和2年12月25日(金)午後4時から、TV会議により開催された第20回都道府県医師会新型コロナウイルス感染症担当理事連絡協議会に本会より石井常任理事が出席した。石井常任理事作成の補足資料も含め当日の資料等添付するので、参考にしていただきたい(資料等PDFファイル添付)。


2.1月9日(土)午後3時から宮城県庁で開催された第18回宮城県新型コロナウイルス感染症対策本部会議並びに第15回宮城県危機管理対策本部会議に本会より佐藤会長が出席した。内容は、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言について等であった(資料等PDFファイル添付)。会議終了後に共同記者会見が行われた。村井嘉浩宮城県知事、郡和子仙台市長、佐藤和宏宮城県医師会長、安藤健二郎仙台市医師会長、冨永悌二東北大学病院長の5者で記者会見を行った。1都3県や今後追加が見込まれる道府県への移動を自粛するよう県民に呼び掛けた。

第18回宮城県新型コロナウイルス感染症対策本部会議並びに第15回宮城県危機管理対策本部会議資料等 2021.01.09pdf書類(3.52MB)
第18回宮城県新型コロナウイルス感染症対策本部会議並びに第15回宮城県危機管理対策本部会議資料等 2021.01.09、


3.1月13日(水)午前11時から宮城県庁で新型コロナウイルス感染症に関する差別防止の共同宣言式が開催され、本会より佐藤会長が出席した。新型コロナウイルスに感染された方やそのご家族、医療従事者方々などが、いわれのない差別や偏見で大変苦しんでいる。心をひとつにしてこのような差別や偏見をなくし、この難局を乗り越え、安心していきいきと暮らせる社会の実現に向けて取り組んでいくことを宣言した(宣言PDFファイル添付)。

ストップ!コロナ差別」共同宣言pdf書類(413KB)
「ストップ!コロナ差別」共同宣言


4.1月13日(水)午後6時30分から本会館にて令和2年度第5回郡市医師会長会議をWebにより開催した。主に新型コロナウイルス感染症ワクチン接種について等説明、協議が行われた(PDFファイル添付)。

令和2年度第5回郡市医師会長会議次第等 2021.01.13pdf書類(41KB)
令和2年度第5回郡市医師会長会議次第等 2021.01.13


5.1月14日(木)午後4時から本会館にて県民の皆さまへ向けてメッセージを発信するため記者会見を行った(会見要旨PDFファイル添付)。

記者会見要旨 2021.01.14pdf書類(91KB)
記者会見要旨 2021.01.14


△このページの先頭へ




宮城県医師会新型コロナウイルス感染症対策本部ニュース(宮城県医師会員限定版)No36:2021年1月26日掲載版」


1.1月13日(水)午後6時から、オンラインにより開催された新型コロナウイルス感染症対策主要病院長会議に本会より佐藤会長、橋本副会長、石井常任理事が出席した。内容は、病床確保、重症病床の状況について等話し合われた(会議次第PDFファイル添付)。

新型コロナウイルス感染症対策主要病院長会議次第 2021.01.13pdf書類(573KB)
新型コロナウイルス感染症対策主要病院長会議次第 2021.01.13


2.1月18日(月)午後5時から、TV会議により開催された第21回都道府県医師会新型コロナウイルス感染症担当理事連絡協議会に本会より石井常任理事が出席した(会議次第PDFファイル添付)。日医ホームページのメンバーズルームで資料一式の掲載と会議映像が配信されているのでご覧いただきたい。

第21回都道府県医師会新型コロナ感染症担当理事連絡協議会次第 2021.01.18pdf書類(319KB)
第21回都道府県医師会新型コロナ感染症担当理事連絡協議会次第 2021.01.18


3.宮城県の村井知事あてに、新型コロナウイルス感染症対策に関する5回目の要望書を1月19日付で提出した。内容は、若い世代への効果的な啓発活動について、入院患者を抱えている民間医療機関への支援について等である(第5回要望書PDFファイル添付)。

宮城県知事あて第5回要望書 2021.01.19pdf書類(60KB)
宮城県知事あて第5回要望書 2021.01.19


4.1月23日(土)午後1時から宮城県庁で開催された第19回宮城県新型コロナウイルス感染症対策本部会議並びに第16回宮城県危機管理対策本部会議に本会より佐藤会長が出席した。内容は、新型コロナウイルス感染症患者発生状況等について、本県の営業時間短縮要請の効果検証等について等であった。会議終了後に共同記者会見が行われた。村井嘉浩宮城県知事、郡和子仙台市長、佐藤和宏宮城県医師会長、安藤健二郎仙台市医師会長、冨永悌二東北大学病院長、賀来満夫東北医科薬科大学特任教授の6者で記者会見を行った。改めて感染防止対策の徹底を県民に呼び掛けた。

当日の資料一式は宮城県庁ホームページ

新型コロナウイルス感染症対策サイトをご覧いただきたい。

https://www.pref.miyagi.jp/site/covid-19/21.html




5.本会より1月8日付で「新型コロナウイルス感染症患者および無症状病原体保有者の退院後の受け入れについて」の通知を郡市医師会長あてに発出した。退院患者の受け入れに関し各医療機関で混乱が生じている状況があるようである。基準を満たして退院した患者では、感染性は極めて低いことがわかっており、仮にPCRで検出されても同様であるため、退院患者は非感染者と同等に扱っていいとされているので、各医療機関においては、退院後の患者の受け入れを断ることのないようご配慮をお願いしたい(郡市医師会あての通知PDFファイル添付)。

宮医発第1715号「新型コロナウイルス感染症患者および無症状病原体保有者の退院後の受け入れについて」 2021.01.08pdf書類(1.30MB)
宮医発第1715号「新型コロナウイルス感染症患者および無症状病原体保有者の退院後の受け入れについて」 2021.01.08


△このページの先頭へ




宮城県医師会新型コロナウイルス感染症対策本部ニュース(宮城県医師会員限定版)No37:2021年2月1日掲載版」


1.日本医師会より、1月19日付で「診療・検査医療機関(仮称)の補助金の交付申請手続について」の送付があった。診療・検査医療機関が国に提出する補助金交付申請書について、国からの交付決定通知の有無や、申請書提出時からの想定受診患者数等の見込みに対する大きな変更の有無によって、それぞれの書類を送付することについて案内がなされている。また、診療・検査医療機関に指定されている医療機関において、補助金交付申請書の提出がなされていない医療機関があるとのことであるので、ご確認いただきたい。

「診療・検査医療機関(仮称)の補助金の交付申請手続について」2021.01.19pdf書類(1047KB)
「診療・検査医療機関(仮称)の補助金の交付申請手続について」2021.01.19
当院は宮城県指定の診療・検査医療機関ではないので、補助金の交付申請は関係ありません。


2.厚生労働省より、1月22日付で「新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その34)」の通知が発出された。この通知は、下記2点について示されたものであり、ご注意いただきたい。

「新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その34)」2021.01.22pdf書類(166KB)
「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針(第2版)の周知について」2021.01.22


①新型コロナウイルス感染症から回復した後(「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律における新型コロナウイルス感染症患者の退院及び就業制限の取扱いについて(一部改正)」にある退院に関する基準を満たし、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第19 条及び第20 条の入院の勧告・措置が解除された後)、引き続き入院管理が必要な患者を受け入れた保険医療機関における救急医療管理加算1(950点)の算定

②特定集中治療室管理料等の算定日数の上限を超えてもなお、体外式心肺補助(以下「ECMO」という。)を必要とする状態である場合や、ECMOは離脱したものの人工呼吸器からの離脱が困難であるために特定集中治療室管理料等を算定する病室での管理が医学的に必要とされる場合の算定


なお、3.4.以下は、2021年2月4日には、削除されていました。何でかなあ。


3.厚生労働省は、11月10日付で「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針(第2版)」(外部リンク)(https://www.mhlw.go.jp/content/000696202.pdf)を公表した。第2版では、鼻腔ぬぐい液の採取法、安全キャビネットがない場合の検体の取り扱いの要点、抗原定性検査陰性時の考え方に関して追記・修正されており、参考にしていただきたい(日医通知PDFファイル添付)。


4.11月27日(金)午後4時から、TV会議により開催された第19回都道府県医師会新型コロナウイルス感染症担当理事連絡協議会に本会より石井常任理事が出席した。都道府県医師会の担当理事と日医担当者で情報交換、意見交換が行われた。なお、日医ホームページのメンバーズルームで会議映像が配信されているのでご覧いただきたい。


宮城県通知「新型コロナウイルス感染予防の徹底について」
日医通知「医療機関、高齢者施設等の検査について(再周知)」
日医通知「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針(第2版)の周知について」


△このページの先頭へ




宮城県医師会新型コロナウイルス感染症対策本部ニュース(宮城県医師会員限定版)No38:2021年2月8日掲載版」


1.宮城県では、診療・検査医療機関において、新型コロナウイルス感染症の患者等が発生し、外来診療の休止・縮小を行った場合に経営支援(補助金の交付)を行っているが、このたび、入院診療においても陽性患者が発生し、感染防止のために新規入院を制限または患者を転院させる等入院診療を縮小した場合の経営支援(補助金の交付)が新設されることになった。また、外来診療の経営支援については、診療・検査医療機関に加え、指定医療機関、入院協力医療機関も対象となり拡充が図られることになった(PDFファイル添付)。申請方法など詳細は宮城県のホームページをご覧いただきたい。https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/iryou/keieishien.html

陽性患者が発生し、「感染拡大防止のために新規入院を制限または患者を転院させる等入院診療を縮小したことにより減少(対直近比較)した延べ入院患者数」×37,000円×2/3

上限額  病院   1,000万     診療所   500万円


2.宮城県では新型コロナウイルス感染症拡大防止に関する広報用のチラシ(「黙食シリーズ」や「感染予防の徹底」など)を作成し、ホームページより自由にダウンロードできるようになっているので、ご活用いただきたい。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(外部リンク)


感染予防ポスター(外部リンク)


△このページの先頭へ




宮城県医師会新型コロナウイルス感染症対策本部ニュース(宮城県医師会員限定版)No39:2021年2月15日掲載版」


1.日本医師会より、2月5日付で「令和2年度新型コロナウイルス感染症感染拡大防止・医療提供体制確保支援補助金について」の送付があった。本補助金は令和2年度第三次補正予算を活用した緊急臨時的な対応として、都道府県の指定を受けた診療・検査医療機関の発熱患者等に対する診療・検査体制の確保及び医療機関・薬局等の医療提供体制の確保を図るため、感染拡大防止対策や診療体制確保等に要する経費を追加的に補助するものである。令和2年度事業の申請期限は2月28日(当日消印有効)となっており、令和2年度に交付決定を受けるためには同期限まで申請の必要があり、ご留意いただきたい。なお、申請が間に合わない医療機関への対応は、令和3年度に実施予定となっている。国の直接執行となっており、申請方法等詳細については、厚生労働省ホームページにも掲載されているので、ご覧いただきたい(日医通知PDFファイル添付)。

厚生労働省ホームページ 「令和2年度新型コロナウイルス感染症感染拡大防止・医療提供体制確保支援補助金」(外部リンク)について
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16443.html

日医通知「令和2年度新型コロナウイルス感染症感染拡大防止・医療提供体制確保支 援補助金について」(外部リンク)



△このページの先頭へ




宮城県医師会新型コロナウイルス感染症対策本部ニュース(宮城県医師会員限定版)No40:2021年2月22日掲載版」


1.2月16日(火)午後5時から、TV会議により開催された第22回都道府県医師会新型コロナウイルス感染症担当理事連絡協議会に本会より佐藤会長、石井常任理事が出席した(会議次第PDFファイル添付)。日医ホームページのメンバーズルームで資料一式の掲載と会議映像が配信されているのでご覧いただきたい。また、新型コロナワクチンの予診票・説明書・情報提供資材等については、厚生労働省ホームページからダウンロードできるのでご活用いただきたい。

厚生労働省ホームページ

新型コロナワクチンの予診票・説明書・情報提供資材(外部リンク)



2.日本医師会より、2月9日付で「新型コロナワクチン接種により健康被害が発生した場合の責任および日医医賠責保険の適用について」の通知があった。被接種者に健康被害が発生した場合の責任および日医医賠責保険の適用についてわかりやすくまとめられているのでご確認いただきたい(日医通知PDFファイル添付)。



第22回都道府県医師会新型コロナウイルス感染症担当理事連絡協議会次第等
日医通知「新型コロナワクチン接種により健康被害が発生した場合の責任および日医医賠責保険の適用について」



△このページの先頭へ




宮城県医師会新型コロナウイルス感染症対策本部ニュース(宮城県医師会員限定版)No41:2021年2月25日掲載版」


1.2月20日(土)午後4時から、オンラインにより開催された新型コロナワクチンの接種実施に係る医療従事者に対する先行接種・優先接種実施医療機関及び医師会担当者向け説明会に本会より佐藤会長が出席した。当日参加できなかった先生方等は、下記により資料のダウンロード、アーカイブ配信動画が視聴できるのでご覧いただきたい(資料・アーカイブ配信動画に関するお知らせPDFファイル添付)。

説明会に関連する資料・アーカイブ配信動画(外部リンク)
(パスワード:7qYD6vJn!G)



2.日本医師会ホームページ内に「新型コロナウイルス感染症の予防接種ついて(医療機関・医師会向け)」が開設された。新型コロナウイルス感染症の予防接種に係る様式・情報提供が随時掲載予定となっており、ぜひご活用いただきたい(日医通知PDFファイル添付)。また、「日本医師会新型コロナウイルスワクチン速報」(令和3 年2 月16 日より開始)についても、日本医師会ホームページに随時掲載されているので、こちらもご覧いただきたい。

日本医師会ホームページ内

新型コロナウイルス感染症の予防接種ついて(医療機関・医師会向け(外部リンク)
https://www.med.or.jp/doctor/kansen/novel_corona/009822.html

日本医師会新型コロナウイルスワクチン速報(外部リンク)
https://www.med.or.jp/doctor/kansen/novel_corona/009862.html



3.日本医師会より、2月18日付で『「新型インフルエンザ等対策特別措置法等の一部を改正する法律」における 差別的取扱い等の防止に関する規定の周知について』の通知があった。この規定は、令和3年2月13日から施行され、感染者やその家族、医療従事者等の人権が尊重され、差別的な取扱いを受けることがないよう、偏見や差別を防止するためのものである(日医通知PDFファイル添付)。なお、日本医師会では、医療従事者へのいわれなき差別に対して、国民に理解を求める動画を制作し、日本医師会公式YouTubeチャンネルで公開しているのでご活用いただきたい。

日本医師会公式YouTubeチャンネルURL(外部リンク)
https://www.youtube.com/channel/UCrZ632iTbtYlZ5S2CtGh6rA


資料・アーカイブ配信動画に関するお知らせ(外部リンク)

「日医通知「新型コロナウイルス感染症の予防接種に関する医療機関・医師会向けホームページサイトの開設等について」(外部リンク)

『日医通知『「新型インフルエンザ等対策特別措置法等の一部を改正する法律」における差別的取扱い等の防止に関する規定の周知について』(外部リンク)



△このページの先頭へ




宮城県医師会新型コロナウイルス感染症対策本部ニュース(宮城県医師会員限定版)No42:2021年3月5日掲載版」


1.厚生労働省より、2月24日付で「4月以降の当面の相談・外来診療体制について」の通知があった。本件は、国が各都道府県における4月以降の相談・外来診療体制について、「1.4月以降の当面の相談・外来診療体制に関する基本的考え方」、「2.診療・検査医療機関の確保」、「3.受診・相談センターの確保」について当面の対応をまとめたものであり、ご参考としていただきたい(日医通知「4月以降の当面の相談・外来診療体制について」)。


2.厚生労働省より、2月26日付で「新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その35)」、「新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その36)」の通知が発出された。この通知は、主に下記について示されたものであり、ご注意いただきたい(日医通知「新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その35)」「新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その36)」)。

・その35

(1)小児の外来における対応

(2)転院を受け入れた保険医療機関に係る評価

(3)各医療機関等における感染症対策に係る評価

・その36

(1)往診・訪問診療に係る評価、訪問看護に係る評価、酸素療法に係る評価

(2)体外式心肺補助(ECMO)以外の重症管理を要する患者について、算定日数の上限を超える特定集中治療室管理料等の取扱い

3.ワクチン接種円滑化システムV-SYS操作マニュアルが公表されているので、ご参考としていただきたい。

日本医師会ホームページ内

新型コロナウイルス感染症の予防接種について(医療機関、医師会向けページ)

https://www.med.or.jp/doctor/kansen/novel_corona/009822.html

「ワクチン接種円滑化システム(V-SYS)に係るワクチン接種契約受付システムについて」

ワクチン接種円滑化システムV-SYS 操作マニュアル 優先接種時用

https://www.med.or.jp/dl-med/kansen/novel_corona/vaccination/v-sys_manual_yusen.pdf

ワクチン接種円滑化システムV-SYS 操作マニュアル 医療機関用

https://www.med.or.jp/dl-med/kansen/novel_corona/vaccination/v-sys_manual_iryokikan.pdf


4.厚生労働省は、2月19日付で「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き・第4.2版」(https://www.mhlw.go.jp/content/000742297.pdf)を公表した。今回の改訂では、新規変異種や重症化マーカー等について追記がなされたほか、日本国内で入手できる薬剤の適応外使用について、現時点での新たな知見を踏まえて情報が反映されており、参考にしていただきたい(日医通知『「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き・第4.2 版」の周知について』)。


5.厚生労働省より、2月16日付で『「定期の予防接種等による副反応疑いの報告等の取り扱いについて」の 一部改正について』の通知があった。本件は、新型コロナワクチン接種の実施に伴い改正されるものであり、ご確認いただきたい(日医通知『「定期の予防接種等による副反応疑いの報告等の取り扱いについて」の一部改正について』)。


6.宮城県の新型コロナウイルス感染症に関する受診・相談センター(コールセンター)の電話番号等が3月1日午前9時から変更となったので、ご注意いただきたい(ちらし「新型コロナウイルス感染症に関する受診・相談センター(コールセンター)の電話番号等が変わります」)。


7.宮城県保健福祉部ワクチン接種対応チームより、3月3日付で「新型コロナウイルスワクチンの供給に関する情報提供について」の通知があった。医療従事者等向け優先接種分ワクチン(第1弾)の供給について、高齢者向け優先接種分ワクチンの供給について、供給見込み等について等の情報が記載されているので、ご参考としていただきたい(宮城県通知「新型コロナウイルスワクチンの供給に関する情報提供について(通知)」)。



△このページの先頭へ



2020年春先から、毎日のように、日本医師会を通しての厚労省からの通知・日本医師会からの通知・宮城県医師会からの通知・宮城仙南保健福祉事務所(仙南保健所)からの通知が、FAXで更新版が毎日(1日平均十ページ近く)届いて、まあ最新の情報なのであろうから取っておくのだが、陳腐化して不要となった以前の通知のFAXについて削除指摘の記載がなく、以前のFAXを破棄するわけにも行かず。通知FAXはそのまま取っておきましたら、厚さ15センチにも及ぶようになってきたので、上記の最新の通知情報を参考にして、要らなくなった陳腐情報の通知の紙は捨てました。そうしないと、頭が混乱します。







当院玄関に設置してある手指消毒オートディスペンサースタンドS体表面温度計付き 2020.10.30pdf書類(832KB)をご利用下さいますよう、よろしくお願いします。
なかなかの優れもので、手指消毒アルコールディスペンサーの下に段に指マークがあり、そこに手をかざすと適量の手指消毒アルコールが噴霧され、知らず知らずのうちに体表面温度計センサーが自動で体温を測ってくれ数値で出ます。AIで顔認証して10万人の体温を計測記録(勝手に顔を撮られて記録されるのは気持ち悪い)するスマホ型のスタンドつき体温計(ACアダプターにつなぐ方式)は350000円ほどと、お高く買えません。アルコールディスペンサーも一体となっているのはこの機種だけでしょう。33000円とお買い得です。
オートディスペンサースタンドS温度計付き 2020.10.30
体表面温度計センサーの数値は、当院受付事務に申告して下さいますようよろしくお願い申し上げます。

△このページの先頭へ



発熱がある場合の医療機関の受診について:白石市医師会2020.05.19pdf書類(1281KB)
「発熱がある場合の医療機関の受診について」チラシ 2020.05.19

いまだに改定されていないです。(2020年11月5日から不要となりました。)


しかし、2020年11月4日より、宮城県全域は、下記の体制に変更されました。
季節性インフルエンザ流行に備えた体制整備について-2020年11月4日より:宮城県pdf書類(650KB)
同時流行に備えた発熱患者等の相談・外来診療体制のスキーム 2020.11.04.~

(20/10/29木曜分)の、【仙南地域における季節性インフルエンザ流行に備えた体制整備に関する説明会pdf書類(32KB)をまとめると、

資料3:新型コロナウイルス感染症及び
季節性インフルエンザ同時流行に備えた
体制整備について:宮城県

となります。
pdf書類(657KB)


今のところ
【診療・検査医療機関】は、公開されてません
【受診・相談センター】の電話番号は、以前と同じ 022-211-3883 ・ 022-211-2882です。
同時流行に備えた発熱患者等の相談・外来診療体制のスキーム 2020.11.04.~では、【県・仙台市コールセンター】は【受診相談センター】と名前が変わり、各保健所内の【帰国者・接触者相談センター】はなくなり、専ら無難な調整役を果たすだけです。このスキームの変更は、仙南保健所では、2020.10.29開催の、【仙南地域における季節性インフルエンザ流行に備えた体制整備に関する説明会のだいぶ以前の2020.10.19には策定していたようです。これで保健所の負担は軽なります。



△このページの先頭へ







☆新型コロナウイルス対策のため、当院では2020年2月21日より当面の間、下記の玄関先ポスター掲示のとおりとしております。

新型コロナ対策のための当院ポスター(1) 2020.02.21pdf書類(66KB)
新型コロナ対策のための当院ポスター(1) 2020.02.21

新型コロナ対策のための当院ポスター(2) 2020.02.21pdf書類(65KB)
新型コロナ対策のための当院ポスター(2) 2020.02.21

新型コロナ対策のための当院ポスター(3) 2020.03.05pdf書類(431KB)
新型コロナ対策のための当院ポスター(3) 2020.03.05

新型コロナ対策のための当院ポスター(4) 2020.03.06pdf書類(365KB)
新型コロナ対策のための当院ポスター(4) 2020.03.06

「東北大学病院の新型コロナウイルス感染症に関する問診票(外来・入院外)R2年11月16日版」2020.12.03pdf書類(66KB)
新型コロナウイルス感染症に関する問診票(外来・入院外)2020.12.03







☆新型コロナウイルス院内感染対策のため、当院では2020年4月6日より当面の間、下記のポスター掲示のとおりといたします。
検査室での個人防護具のPPE(特にタイベック型つなぎ型防護衣)は当院看護スタッフは着けたくないとのことなので、予防接種と治療薬が確立してから、検査再開の予定です。


上下部消化管内視鏡検査の新規予約について 2020.04.06pdf書類(66KB)
上下部消化管内視鏡検査の新規予約について 2020.04.06
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への消化器内視鏡診療についての提言〜感染拡大下における消化器内視鏡診療の留意点〜改訂第7版 日本消化器内視鏡学会 2020年12月25日」(内部リンク)
公立刈田綜合病院消化器科では、6月上旬より、上・下部消化管内視鏡検査の予約は受け付けているようですが。・・・どんなもんでしょう。
検査室での閉塞感と恐怖感がありPPE(特にタイベック型つなぎ型防護衣)は着けたくないそうです。発熱患者診察室でもサージカルマスク・手袋・フェイスシールド・袖無しディスポエプロン・キャップは着けてくれますが、N95マスクとゴーグルとつなぎ型防護衣は着けてくれません。新型コロナウイルス感染症に対するナースの社会心理的恐怖感は大きく、それをサポートしていく方法が書いてある日本赤十字社のパンフレットがあるぐらいですから。

メンタルケアはとても重要なことであり、論文も多数出ていますので参照して下さい。

日本精神保健看護学会(外部リンク)

引用日本赤十字社の資料「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対応する職員のためのサポートガイド2020.03.25pdf書類(1.93MB)
「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対応する職員のためのサポートガイド2020.03.25」
看護スタッフ向けに図解入りで分かりやすく解説した資料です。



△このページの先頭へ


▲HOME