診療科目の解説・小児科


小児科は、小児(0歳から15歳まで)の内科的疾患全般を診療します。お子さまをどの科で診てもらえばわからない時には、とりあえず小児科を受診してください。
以下に主な疾患名をあげます。
かぜインフルエンザ麻疹・はしか水痘おたふくかぜ風疹急性胃腸炎、急性肝炎、熱性痙攣、肺炎気管支炎、先天性喘鳴、気管支異物、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、免疫不全症、膠原病、てんかん、ネフローゼ症候群、慢性腎炎、Dent病、尿細管障害、先天性心疾患、川崎病、不整脈、心筋疾患、超低出生体重児、呼吸窮迫症候群、新生児仮死、下垂体性小人症、甲状腺疾患、糖尿病。

(全国10万件以上のお医者さんガイドの文章を転載させて戴きました)

当院医師は小児科専門医ではないので、小児科と言っても1歳以上のお子様を対象としております。
また、プライマリーケア担当である当院の性質上、太字の疾患を診療しておりますが、細字の疾患は対象としておりません。病院に紹介いたします。

診療科目の解説・小児科


最新情報 | 医院案内 | 診療カレンダー | 医療情報 | サイトマップ | 2月限定アンケート
<< ∧医院案内 △このページの先頭へ ▲HOME >>